1日に200メートルで今季初戦を終えた飯塚は、100メートルでは自己記録(10秒08)にあと100分の5秒と迫る好記録をマーク。スタートに課題を残したが、力感のない走りで加速に成功した。「思い切り走れた。(2メートルの)風に助けられた」とはにかんだ。
 100メートルの昨季の自己最高記録は6月に出した10秒19。コロナ禍でシーズン開幕が遅れた今年と比較し、今季初戦で10秒13は「去年の自分よりは十分良い」と声を弾ませた。
 1日に山梨県の大会で10秒04を出した桐生祥秀(日本生命)に刺激を受けた。主戦場の200メートルに加え、銀メダルを獲得した2016年リオデジャネ...    
<記事全文を読む>