来年の東京五輪から採用されるバスケットボール3人制で、男子日本代表候補の杉浦佑成(B1島根)=福岡大大濠高出身=が存在感を放ちつつある。今月16日に日本協会主催のオンラインイベントで行われた3人制男子の紅白戦で両チーム最多の5得点を挙げ、高い得点力をアピールした。男子は開催国枠での五輪出場を決めており、8カ国・地域と少数で争われるためメダル獲得のチャンスは十分。25歳と若いシューターの成長が躍進の鍵を握っている。

 全国のファンに存在をアピールした。16日に各種目のバスケットボール日本代表候補が一堂に会したオンラインイベント「BASKETBALL ACTION 2020 S...    
<記事全文を読む>