新型コロナウイルス感染症対策で試合会場の入場制限が実施される中、バスケットボールB1宇都宮ブレックスがホーム観戦チケットに「ダイナミックプライシング(DP)」を導入する。航空券などと同様に需要に応じてチケット価格が上下する仕組みで、今季Bリーグでは川崎と並んで取り入れる。チケット残数を最小限に抑えて収益の最大化を目指し、悪質な転売抑止も図るのが狙いだ。

 今季はホームの全試合にDPを導入する。標準価格は2万4千円(コートサイドSS席ホーム側1列目)~2500円(2、3階大人自由席)。販売価格は毎日変動し、天候や購入傾向などのビッグデータを基に人工知能(AI)がその日の最適な...    
<記事全文を読む>