バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)の茨城ロボッツは13日、水戸市のリリーアリーナMITOで一般向けの公開練習を行い、約300人が観覧した。同日、10月開幕の2020年〜21年シーズンに向けた新主将に、昨季副主将を務めた平尾充庸が就任することが発表され、新ユニホームもお披露目された。

チームは新シーズンに向けて7月に始動。この日は、検温やアルコール消毒など新型コロナウイルス感染対策を行った上で、初めて一般向けに練習が公開され、新加入の外国籍選手3人を除く9選手が参加した。ロボッツによると、外国籍選手は新型コロナウイルスの影響で入国できず、合流のめどが立っていな...    
<記事全文を読む>