日本バスケットボール協会は7日、2020年度の代表候補選手として5人制の男子は八村塁(ウィザーズ)や渡辺雄太(グリズリーズ)、馬場雄大(メルボルン・ユナイテッド)、ロシター・ライアン(宇都宮)ら23人、女子は根本葉瑠乃(三菱電機、常葉高出)、高田真希(デンソー)、渡嘉敷来夢(ENEOS)ら21人を選出した。
 男子の23年ワールドカップ(W杯)へ向けた重点強化選手には19歳の河村勇輝(東海大)や18歳の田中力(IMGアカデミー)、増田啓介(川崎、静岡大成中出)、市川真人(白鷗大、静岡学園高出)ら25歳以下の22選手が名を連ねた。
 3人制は男子が第一人者の落合知也(...    
<記事全文を読む>