秋田県と秋田市は7日、同市を拠点に活動するJR東日本秋田バスケットボール部「ペッカーズ」の部員と家族計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で初めてのクラスター(感染者集団)発生と認定した。県内の感染者の累計は26人になった。

 市によると、感染したのは20代の部員5人と30代の部員1人、部員の妻2人。7月31日以降、全員に発熱があったほか、せきや味覚、嗅覚障害などの症状があった。8月6日に帰国者接触者外来を受診し、7日に市保健所のPCR検査で陽性が判明した。

 感染症患者との接触や発症2週間前以内の海外渡航歴はない。現段階では感...    
<記事全文を読む>