北海道コンサドーレ札幌は札幌ドームで名古屋と対戦し、0―0で引き分けた。後半ロスタイムにPKを獲得するも、MFルーカス(26)が決めきれなかった。7月負けなしだった札幌は8月未勝利に終わり、通算3勝5分5敗で12位。この試合でFW菅大輝(21)がクラブ史上最年少でJ1通算100試合出場を果たした。

 千載一遇のチャンスを生かせなかった。猛攻を仕掛け続けた後半ロスタイム。MFルーカスが相手のハンドを誘いPKを獲得。自ら蹴ったが、真ん中やや左へのキックはGKランゲラックに阻まれた。これがラストプレー。是が非でもほしかった勝ち点3を逃した。

 ペトロビッチ監督はPKを...    
<記事全文を読む>