きょうの鳥栖戦が中止になった札幌は、2日間のオフを挟んで練習を再開。「オフは大体寝ていた」と話すチャナティップは「休めるのは間違いなく体にもいい。連戦をやり続ければ疲労もたまるから」と中止を前向きに捉え、切り替えた。

 今季ここまで11試合でリーグトップの5アシスト。昨季は仙台DF永戸(現・鹿島)の10アシストがリーグ最多だった。比較しても、今季のチャナティップはハイペースで好機を演出している。それでも「自分の成績がいいのはうれしいが、チームの結果につなげられないのは惜しい」と、今一番望むのは勝ち点3。欧州挑戦のFW鈴木が抜けた今、より一層激しいマークに合うのは確実だが、タ...    
<記事全文を読む>