サッカーの元日本代表DF内田篤人(32)=J1鹿島アントラーズ、清水東高出=の引退が発表された20日、高校時代の恩師や同級生は「ウッチー」がサッカー界に残した足跡の大きさを振り返り、新しいステージに向けてエールを送った。
 内田が清水東高に在籍していた当時の監督だった梅田和男静岡城北高教諭(55)と、コーチだった渡辺勝己清水東高教諭(45)は、10日ほど前に本人から電話でスパイクを脱ぐ決意を伝えられていた。
 内田は右膝の故障に苦しみ、自分のイメージ通りに体が動かなくなっていることを明かしたという。「もう元には戻らないんです」。吹っ切れたような話しぶりだったが、渡辺...    
<記事全文を読む>