ありがとう、お疲れさま-。鹿島アントラーズのJリーグ3連覇に貢献するなど、数々の感動をサポーターに与えてくれた内田篤人(32)が20日、現役引退を発表した。鹿島サポーターは、チーム貢献への感謝と、ねぎらいの言葉を寄せ、“ウッチー”の今後の活躍にエールを送った。

「もう一肌脱いでほしかったというのが本音だが、お疲れさまと伝えたい」。鹿嶋市商工会青年部でアントラーズ応援委員会の委員長を務める山町浩信さん(37)はそう語り、第一線を退くことを決めたベテランに感謝した。中でも「ヨーロッパで活躍後に鹿島へと帰ってきてくれて、サポーターとしてうれしかっ...    
<記事全文を読む>