天童市のNDソフトスタジアム山形で16日に行われたサッカーJ2・モンテディオ山形のホーム長崎戦で、県内の大学生たちが花笠踊りを披露した。打ち上げ花火の下での群舞が夏の熱気を届けた。

 山形市で開かれる「東北絆まつり」に向けて発足した「学生チャレンジプロジェクト」とクラブが連携して企画した。新型コロナウイルスの影響で山形花笠まつりが中止になるなど、活動機会が失われた学生たちに舞台が用意され、山形大や県立保健医療大のサークルに加え、学生やサポーターの有志が出演した。

 試合前から花笠音頭が響き、スタジアムを盛り上げた。山形大3年の八鍬寿樹さん(2...    
<記事全文を読む>