サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部のINAC神戸に、米女子プロリーグNWSLのスカイブルーから期限付き移籍で約4年ぶりに復帰した元日本代表のMF川澄奈穂美(34)が17日、大阪市内で会見し「タイトルを取るということを強く思って入団した」と抱負を語った。契約期間は12月末まで。背番号は日本代表で初めて着けたという「36」に決まった。

 新型コロナウイルスの影響でNWSLはリーグ戦が行われず、川澄は6月下旬からのカップ戦6試合に出場。今後の公式戦が不透明な中、「出場機会を確保したい」と今季初めにオファーがあった古巣への復帰を決めた。来季もスカイブルーとの契約を残すため約4カ...    
<記事全文を読む>