サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、山形新聞社、共同通信社など共催)の県代表決定戦を兼ねた第24回県総合選手権は16日、天童市の県総合運動公園サッカー場で決勝を行い、大山サッカークラブが延長の末に2―1で山形大医学部サッカー部に競り勝ち、初優勝を果たした。

 大山クは本県代表として9月16日に福島県のJヴィレッジスタジアムで同県代表のいわきFCと対戦する。

 大山クは後半10分、FW木村比呂からのパスを中央で受けたMF渡部翔宙が決めて先制した。その4分後に山形大医学部のFW●田海斗のヘディングシュートで追い...    
<記事全文を読む>