サッカーの明治安田J1リーグ第10節第2日の16日、ヴィッセル神戸はカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)で鹿島アントラーズと対戦し、2-2で引き分けた。神戸は勝ち点13で9位。

 神戸は生え抜きの19歳FW小田がリーグ初先発し、元スペイン代表MFイニエスタも6戦連続でスタメンに名を連ねた。

 神戸は前半19分、イニエスタの左CKが相手に当たって流れたところをDF大崎が頭で折り返し、DFダンクレーが豪快な右足ボレーで先制。だが鹿島も同38分、FWエベラウドの4戦連続ゴールで追い付く。

 それでも神戸は後半16分、イニエスタが起点となり、FWドウグラス、DF...    
<記事全文を読む>