J1清水のブラジル人FWカルリーニョス(26)が調子を上げている。初ゴールを挙げたリーグ第6節鳥栖戦から4試合で3得点。呼応するようにチームの結果も上向き、背番号10への期待は増すばかりだ。
 8日の第9節札幌戦は勝利の立役者とも言える活躍を見せた。中央やサイドに流れてボールに絡み、攻撃の起点になると、後半18分だった。自陣で縦パスを収め、素早い反転で突破を図ると相手DFがたまらず反則。相手は警告2枚目で退場となり、流れを大きく変える数的有利な状況を呼び込んだ。終了間際には、ペナルティーエリア内で落ち着いて相手DFをかわし、ネットを揺らした。「うまく決めることができた」と自画...    
<記事全文を読む>