サッカーJ1・サガン鳥栖で選手やスタッフ計10人が新型コロナウイルスに感染するクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、佐賀県は13日、対策本部会議を開き、チームと連携して感染防止対策に取り組むことを確認した。鳥栖保健福祉事務所の保健師を増員してチーム関係者の調査を進め、感染経路の特定を急ぎ、拡大を防ぐ。

 山口祥義知事は12日、チームに対して保健福祉事務所の調査に協力するよう要請し、サガン鳥栖の竹原稔社長からは全面的に協力するとの回答があった。ウイルス検査で陰性だった選手やスタッフについても2週間の健康観察をする。

 会議終了後、山口知事は「大変残念に思う...    
<記事全文を読む>