サッカーJ2レノファ山口は序盤戦11節までを終え、2勝2分け7敗の勝ち点8で21位と低迷を続けている。11試合を終えて勝ち点8は20位だった2017年の勝ち点9を下回る過去最低ペース。決定力不足と失点数の多さという課題が克服できず、浮上の兆しは見えてこない。

 想定外の決定力不足と失点増加が問題だ。霜田正浩監督が「これだけ決定機をつくっても点が取れない」と頭を抱えるように、ここまで複数得...

...    
<記事全文を読む>