静岡学園高サッカー部のU-18(18歳以下)日本代表DF田辺秀斗(18)が来春J1川崎入りすることが13日、内定した。田辺は同校で仮契約を結んだ後、「1年目からメンバー入りできるように、死に物狂いで頑張る」と抱負を述べた。
 田辺は1月の全国高校選手権に2年生ながら不動の右サイドバックとして出場し、優勝に貢献した。京都府出身で、中学時代は奈良YMCAでプレー。50メートル5秒9のスピードと静岡学園らしい足元の技術に加え、180センチの高さもある。
 田辺は「川崎はきれいなサッカーをしていて静岡学園で学んだことを高いレベルで生かせると思った。日本のトップチームに呼ばれ...    
<記事全文を読む>