サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌は13日、FW鈴木武蔵選手(26)=185センチ、74キロ=の移籍交渉をベルギー1部リーグのベールスホットと行っていると明らかにした。合意すればシーズン途中で移籍する見通し。オンライン取材に応じた札幌の三上大勝(ひろかつ)ゼネラルマネジャー(GM)は「どうしたら実現できるのか、というスタンス(立場)で話している」と語った。

 ベールスホットはベルギー第2の都市アントワープに本拠地を置く。昨季の2部リーグを制し、今季から1部に昇格した。1部では元札幌のMF三好康児、DF植田直通の両日本代表選手らもプレーしている。

...    
<記事全文を読む>