サッカーのJリーグは13日、J1鳥栖で金明輝監督ら10人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、15日の鳥栖-G大阪、19日の仙台-鳥栖、23日の鳥栖-札幌のリーグ戦3試合を延期すると発表した。代替日はいずれも未定。
 Jリーグのクラブで初のクラスター(感染者集団)となった鳥栖は保健所の指導を踏まえ、25日まで練習も含めてトップチームの活動を休止することを決めた。
 仙台の木山監督は13日、練習後のオンライン取材で「どのチームでも起こり得ることで責められない」と語った。

...    
<記事全文を読む>