サッカー女子のプレナスなでしこリーグ2部第4節第1日は8日、長野Uスタジアムなどで3試合が行われ、AC長野パルセイロ・レディースは首位のスフィーダ世田谷と1―1で引き分けた。2分け2敗の勝ち点2で10チーム中、暫定8位。観客数は789人。
 AC長野は、けがから約10カ月ぶりに公式戦に復帰した大久保が今季初先発。ここ3試合はボランチだった住永を右MFに回した。前半1分、相手の右CKから失点したが同22分、中村(長野市出身)のチーム今季初得点で同点に追い付いた。後半は途中出場した下部組織選手登録の川船(長野市出身)と滝沢(岡谷市出身)が積極的にゴールを狙ったものの勝ち越せなかっ...    
<記事全文を読む>