サッカー・J1サガン鳥栖は3日、FC東京戦(1日、東京都の味の素スタジアム)の前日に発熱した選手について、新型コロナウイルスのPCR検査で陰性が確認されたことを明らかにした。

 クラブによると、選手らは試合前日の7月31日に東京に移動。30日のPCR検査ではスタッフを含めて全員陰性だったが、宿泊先で午後9時に検温したところ、選手一人に38度の発熱があった。翌1日には熱が下がっていたが、クラブ側の判断で出場させなかった。発熱した選手は1日に佐賀に戻り、3日にPCR検査を受けた。

 テレビ会議システムで会見した竹原稔社長は「クラブや選手は、日頃も自粛生活を送り、しっ...    
<記事全文を読む>