サッカーJ2松本山雅は3日、FW前田大然(22)がJ1横浜Mに期限付き移籍すると発表した。また松本山雅は横浜MからDF前貴之(26)を期限付き移籍で獲得することが同日、関係者への取材で分かった。前は既にチームに合流している。
 今夏までポルトガル1部マリティモに期限付き移籍していた前田をめぐっては、契約が残る松本山雅がクラブへの復帰を求めた一方で、前田はより高いレベルでプレーできる環境を希望。獲得オファーのあった横浜Mへの移籍を決断した。前田は「海外挑戦に続き、僕の希望を受け入れてくれた松本山雅には本当に感謝しています」とコメントした。前田の移籍期間は来年1月末まで。
<記事全文を読む>