「あの時、打てていなかったらと思うとゾッとする」と1軍外野守備・走塁コーチの小関竜也が振り返るのは1998年の4月19日。ダイエー相手に1―0とリードで迎えた六回裏の2死二塁の場面だった。開幕スタメンをつかむも、調子が上がらず、控えで迎えた中で、代打で登場した。

 「とにかく来た球に飛び付きましたね。アウトコースの高めでした。技術どうこう(のヒット)じゃないですよ」

 バットを放り出すように食らい付いた打球は三塁線を破り、プロ入り初打点を記録。その後の鹿児島遠征で初本塁打を放つなど感覚をつかみ、入団4年目にして新人王に輝きV2にも貢献した。

 その前...    
<記事全文を読む>