東北楽天は打線が振るわず、今季2度目の4連敗となった。
 先発涌井は二回に藤岡と福田秀のソロを浴びるなど7回2失点で今季初黒星を喫し、開幕からの連勝は8で止まった。打線は一回1死一、三塁など序盤の好機を生かせなかったのが最後まで響き、今季4度目の無得点に終わった。
 ロッテは先発小島が7回無失点、11奪三振の力投で4勝目。益田が17セーブ目を挙げた。

 東北楽天-ロッテ14回戦(東北楽天8勝6敗、18時00分、楽天生命パーク宮城、4,130人)              
ロッテ 020000000-2 
東北楽天00000...    
<記事全文を読む>