渡辺のダメ押し弾が、4連勝を決定付けた。2点リードで迎えた九回。西武・増田の146キロ直球を完璧にはじき返した。高々と舞い上がった白球は左翼スタンド中段へ。12日ロッテ戦以来となる5号ソロで、追いすがる獅子を突き放した。

 序盤に大量7点を奪いながら、四回以降打線は沈黙。六回には5失点し、相手の反撃ムードは高まっていた。西武の勢いを断ち切る一発に「流れが悪くなり始めて、追加点が欲しい場面での先頭だった。なんとか塁に出ようと思った結果、最高の形になって良かった」と胸をなで下ろした。

 “直球破壊王子”の愛称通り、速球にはめっぽう強い。この一...    
<記事全文を読む>