“直球破壊王子”の愛称を持つ渡辺が、名の通りの働きを見せた。一回2死一、三塁。高橋光の149キロ直球を捉え、中前適時打を放った。先取点を叩き出し「中田さんが軽打でつないでくれたチャンスをモノにできてよかった」。好機をお膳立てしてくれたチームメートに感謝した。

 流れを呼び込む先制打は、そのまま決勝打となった。渡辺は2戦連続で勝利打点をマーク。要所での勝負強さが際立っている。ヒーローは「西川さんや中田さんがつないでくれて、本当にいい場面で回ってくることが多いので」と先輩を立てた。この一打で通算100打点。レギュラーに定着した昨季から一気に数字を積み上げ...    
<記事全文を読む>