◆オリックス5-2西武(22日、京セラドーム大阪)

 “西武初登板”の内海は6回92球。自らのエラーも絡んだピンチで被弾して「すごいもったいなかった」。それでも“巧投”が随所で光った。

【関連】西武内海が移籍後初登板、初先発で黒星「分かっていたが力みに」ジョーンズに初球を2被弾

 「試合前、いろいろと思い出して、感慨深いというのか、頑張らないとという気持ちでした」。巨人で通算133勝の左腕は、炭谷のフリーエージェント移籍による補償選手として西武へ。昨年10月に左前腕筋腱(けん)を手術するなど、苦難の日々...    
<記事全文を読む>