◆オリックス3-1西武(21日、京セラドーム大阪)

 西武先発のニールは6回まで三塁を踏ませなかったが、7回、ジョーンズに同点ソロを許し、8回1死から連打で一、三塁とされて降板した。

 今季最長の7回1/3を投げるも、無念の3敗目。「少しでも長い回を投げようと心掛けた。ある程度、その目標は達成できた」と振り返りながらも「勝ちにつながる投球にならなかったので満足はしていない」。辻監督も「よく頑張ったよ。点を取ってたら、もうちょっと楽に行けたんだろうな」と残念そうだった。

...    
<記事全文を読む>