四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスは21日、高知市の高知球場で高知と対戦し、4-2で競り勝った。連敗は6でストップし、7試合ぶりの勝利。通算成績は10勝10敗4分けで2位は変わらない。

 徳島は二回1死一、二塁から杉本、佐々木の連続長短打で2点を挙げ、2死後に宇佐美の2点三塁打でリードを広げた。先発の右腕坪井が5回を投げて3安打1失点。六回以降は4投手のリレーで、相手の追撃を八回の1点に抑えて逃げ切った。

 首位香川は愛媛とダブルヘッダーを行い、1勝1敗だった。
      

 123456789計徳 島0400000...    
<記事全文を読む>