◆オリックス3-1西武(21日、京セラドーム大阪)

 西武はわずか2安打で1得点。逆転負けで連勝は「5」でストップした。

 

 オリックス山崎福、西武ニールの両先発が好投。西武は4回に山川のソロで先制したが、オリックスが7回にジョーンズのソロで追いついた。

 ニールは8回1死一、三塁のピンチを招いて降板。代わった宮川が四球で満塁とされ、ジョーンズの2点打で勝ち越された。

 西村監督が20日に辞任し、中嶋監督代行の初陣となったオリックスは連敗を「4」でストップ。ジョーンズがチームの全3打点を挙げる活躍だった。

...    
<記事全文を読む>