道六大学野球秋季リーグが22日、苫小牧とましんスタジアムで開幕する。新型コロナウイルスの影響で春季リーグが中止となったため、昨秋以来のリーグ戦開催。優勝校は明治神宮大会(11月・東京)の出場権をかけ、札幌六大学秋季リーグ優勝校との道地区代表決定戦(10月9~11日)に臨む。

 コロナ禍で8月末まで活動を自粛する旭教大が9月5日から参戦するため、8月22、23日の苫駒大戦、同29、30日の東農大網走戦は中止となった。いずれも旭教大の不戦敗となる。感染防止のため、観客にはマスクの着用のほか、入場時に健康状態の確認や消毒への協力を求める。(渡辺史哉)

...    
<記事全文を読む>