◆オリックス4-6西武(20日、京セラドーム大阪)

 森が初先発の平井を攻守でもり立てた。

 初回に2度も盗塁を阻止し、リードでも5回無失点の好投を演出。「立ち上がりはどんな投手でも不安。初回に二つ盗塁阻止ができて、ゼロに抑えられたのは大きかった」。打っても1回に先制の右前適時打、6回には中押しの5点目となる貴重な中前適時打と2安打2打点。「打つ方の調子は、自分でも良くなっているかなと感じます」と確かな手応えをつかんだようだ。

...    
<記事全文を読む>