◆オリックス3-4西武(19日、京セラドーム大阪)

 西武が最終回の攻防を制し、引き分けを挟んだ連勝を「4」に伸ばした。

 2回に金子が先制打。4回に先発・榎田がT-岡田に逆転2ランを浴びたが、直後の5回に1番起用の木村が特大ソロを放って追いついた。

 8回に前夜に続いてヒギンスを攻め、先発復帰の中村が歩かされて満塁となったがメヒア、スパンジェンバーグが凡退した。

 それでもディクソンと対した9回、先頭の金子が三塁手・宗の失策で出塁。2死三塁となって外崎の打球に中堅手・佐野が飛び込んだが捕れず、外野深くへ転々。金子が生還し、外崎は三塁も蹴...    
<記事全文を読む>