13安打を放った東北楽天が今季6度目の2桁得点となる12点を奪い大勝。1分けを挟む連敗を3で止め、同率で2位に再浮上した。
 二回は田中の2点右前打などで3点を先取した。三回は田中の適時二塁打などで3得点。7-1の六回は4長短打で3点を挙げ、終盤も着実に加点した。
 先発涌井は緩急をつけて打ち取る安定感が光った。西川のソロによる1失点のみで8回を投げ、開幕からの連勝を8に伸ばした。
 日本ハムは先発杉浦が誤算で、勝率5割に戻った。

 日本ハム-東北楽天8回戦(東北楽天5勝3敗、18時00分、札幌ドーム、3,048人)
東北楽...    
<記事全文を読む>