◆西武13-8楽天(14日、メットライフドーム)

 ノーガードの打ち合いを制し、長いトンネルの出口にたどり着いた。序盤から激しく点を取り合い、先発全員打点で今季最多の13得点。5年ぶりの7連敗をようやく止めた。辻監督は「まあよく勝てたね。本当に…」と偽らざる本音が漏れた。

 ニールと則本昂の開幕投手同士の投げ合いは、プレーボールの“ゴング”と同時に荒れた。3回までにともに6点ずつ取り合い、4回に勝ち越しを許した。乱戦が落ち着きかけた5回に“獅子脅し打線”が爆発した。

 1死一、二塁とチャン...    
<記事全文を読む>