屈辱を晴らすために上がったのは、まっさらなマウンドではなかった。

 4日の日本ハム戦。今井達也(いまいたつや)は六回1死満塁のピンチでマウンドへ。中田翔(なかたしょう)に犠飛を献上、続く大田泰示(おおたたいし)には左翼への3点本塁打を浴び、この回の失点「4」という厳しい現実がスコアボードに刻まれた。

 しかし辻発彦(つじはつひこ)監督は「今井に関しては気持ちが出ていたよ。向かっていく気持ちがね」とマウンドでの姿を評価した。

 6日の日本ハム戦も2点ビハインドの六回からマウンドに上がり、六回は2奪三振など上々の出来。だが七回に作新学院高の先輩・石井一成...    
<記事全文を読む>