4連勝中と好調の日本ハムは、きょう11日から敵地ZOZOマリンで3位ロッテとの6連戦に臨む。本拠地札幌ドームを離れ、3カードぶりの遠征。首都圏で新型コロナウイルスの感染者数が増加する中、主砲の中田翔内野手(31)は万全の対策を期すことを明かした。現在、チーム試合数と同じ44打点をマークするなど、頼りになる主砲が“万全対策”でチームをけん引する。

 試合はもちろん、見えない敵にも打ち勝つ―。チームは7月21~26日のソフトバンク6連戦(ペイペイドーム)以来となるビジター遠征に出た。

 新型コロナウイルスの拡大に歯止めがかからず、誰がいつ感染...    
<記事全文を読む>