◆日本ハム2-1西武(9日、札幌ドーム)

 西武が接戦を落として、今季最長の4連敗を喫した。借金は辻監督の就任4年目でワーストとなる「5」まで膨らんだ。

 初回、外崎の2号ソロで幸先よく先制したが、その後はバーヘイゲンの前に打線は沈黙。先発の本田は初回に1点を返されると、3回に中田に勝ち越しの左翼線適時打を浴びた。

 逆転を信じて、平良、ギャレットと勝ちパターンのリリーフ陣をつぎ込んだが、打線の反撃はなかった。

 西武は福岡、札幌と続いた2週間の長期ロードで2勝9敗と大きく負け越した。

...    
<記事全文を読む>