ルートインBCリーグは6日、しんきん諏訪湖スタジアムなどで4試合を行い、信濃グランセローズは同じ中地区の群馬に8―0で快勝した。2連勝で通算16勝4敗4分けとし、地区チャンピオンシップ進出を争う群馬とのゲーム差を6・5に広げた。時間制限の規定により、試合は八回裏途中で終了した。

 信濃は三回、1死一、三塁から新井の2点二塁打で先制し、さらにウレーニャの2ランなどで計6点を挙げた。四回は佐野の適時打、七回は岩田の犠飛で加点した。

 先発福地は再三得点圏に走者を背負いながらも要所を締め、7回5安打無失点で今季2勝目。八回は宮野が抑えた。
<記事全文を読む>