遠藤が伸び盛りの時を迎えている。前回先発した2日の巨人戦(東京ドーム)で初の完投勝利。しかも無四球のおまけ付きだった。

 昨年は同学年の山口を羨望(せんぼう)のまなざしで見ていた。先を越されたプロ初勝利は、廿日市市の大野寮でテレビ観戦。普段はプレゼントを贈り合う間柄だが、「自分も負けていられないという気持ちが一段と強くなった」と振り返る。そのライバルに先んじる完投勝利となった。

 巨人戦ではもう一つ、同期の中で一番乗りしたものがあった。初打点だ。ベンチ横で撮影中だった本社カメラマンによると、イニング間のキャッチボール相手を務めた中村奨はこうささやいたという。「俺...    
<記事全文を読む>