日本ハムは2日、4日からの西武6連戦に向けて、札幌市内の施設で全体練習を行った。清宮幸太郎内野手(21)は、西東京大会を戦っている後輩でもある弟の福太郎外野手(早実高2年)にエールを送った。母校はきょう3日、4強を懸けて国士舘高との準々決勝に臨む。

 2時間ほどの練習を終えた清宮は、大粒の汗をぬぐいながら報道陣の取材に応じた。西東京大会を戦っている母校の戦いぶりは逐一チェックしている。

 4番に座り、活躍を続けている弟・福太郎の話に及ぶと「次、国士舘ですか? 僕も高校のときは何回もやった相手。相手のピッチャーも調布シニアで福太郎の先輩。勝ってほしいですね」と期待...    
<記事全文を読む>