日本ソフトボール協会は3日、今季の男子日本リーグを中止にすることを発表した。中止は1972年のリーグ創設以来初めて。再三の開幕延期でリーグ戦の実施をうかがったが、新型コロナウイルスの感染拡大状況から、今季の開催は難しいと判断した。3年ぶりの決勝トーナメント進出を狙っていた高知パシフィックウェーブ(PW)の関係者も残念がっている。

...    
<記事全文を読む>