広島の2年目、田中法が2軍の「守護神」として猛アピールしている。ウエスタン・リーグトップの4セーブ。九回に登板した5試合は全て無失点に抑える。制球力の向上が好調の要因で「投球の幅が広がり、空振りを取れるようになってきた」と手応えをつかんでいる。

...    
<記事全文を読む>