巨人、阪神とのビジター6連戦を3勝2敗1分けで終えたベイスターズ。4日からの5位中日戦で弾みを付け、7日からの2位ヤクルト戦(神宮)に挑みたい。

 中日とは今季4勝2敗、ホームでは3連勝しており、対中日戦で打率4割超の佐野、同チームトップの5打点を挙げる梶谷のバットに期待がかかる。投手では7月に3勝した2年目の大貫に連勝を伸ばしてもらいたい。

 今季3勝2敗1分けのヤクルトは現在、リーグワーストの防御率4.61。対ヤクルト戦、打率4割6分7厘の柴田、3アーチのソトが援護できるか。登板予定の2年目上茶谷の今季初勝利も待たれる。

...    
<記事全文を読む>