西武の辻発彦監督(61)が2日、今後の超過密日程に頭を悩ませた。ソフトバンク戦の中止を受け、ペイペイドームで全体練習。代表取材を受け、「うちはビジター2試合を流している。また1試合増え、(新たに)3試合も組まれる。今年の日程からいったら大変なことになる。それが心配」と説明した。

 今季の西武は7月9日のロッテ戦(ZOZOマリン)、同14日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)を雨で流している。さらに新型コロナウイルスによる中止。今後もびっしりと6連戦が続く中で、新たな日程が組まれることになり、13連戦も予想される。

 一方、ソフトバンクによると、新型コロナウイルスへの感...    
<記事全文を読む>