北照高からドラフト5位で入団したオリックスの斎藤がプロ6年目で初勝利を挙げた。2―2の六回1死一塁で登板し、2者連続三振に抑えた。直後に味方が勝ち越して地元で記念の勝利を手にし「うれしいのひと言。頑張ってきて良かった。記憶に残る」としみじみと語った。

 札幌市出身の左腕は、上手投げから横手投げに変えて3年目で投球フォームが固まり、スライダーの精度が上がった。7試合連続無失点と安定感が光り、救援陣に欠かせない存在になってきており「これからも結果を出していきたい」と表情を引き締めた。

...    
<記事全文を読む>