バレーボールVリーグ女子2部で、本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレが上山市の蔵王坊平アスリートヴィレッジで強化合宿に取り組んでいる。1日から4日間の日程で、選手同士の連係強化や基礎体力の向上によるチーム力増強を図っている。

 新加入したアウトサイドヒッター榎本里歩ら4選手を加えた13選手で練習に励んでいる。2日はトレーニング施設「ZAOたいらぐら」で実戦形式のメニューや筋力トレーニングなどに汗を流したほか、クロスカントリーコースでの走り込みも行った。

 主将のリベロ森寿実子は「新型コロナウイルスの影響もあったが、選手同士でモチ...    
<記事全文を読む>