岡山県スポーツ協会と環太平洋大は30日、連携協力に関する協定を締結した。大学の教職員、学生ら人材とトレーニング施設などを活用し、共同で県の競技力向上やスポーツ振興、県民の健康増進に取り組む。同協会が大学と同様の協定を結ぶのは初めて。

 岡山市の同大で調印式があり、同協会の越宗孝昌会長(山陽新聞社相談役)と同大の大橋節子学長が協定書に署名、押印した。越宗会長は「2人の東京五輪内定選手がいる環太平洋大には全国トップレベルの指導者や充実した関連施設がそろう。協定は岡山のスポーツ振興に大きな力になる」とあいさつ。大橋学長は「学内にとどまらず、岡山県のスポーツの拠点として活...    
<記事全文を読む>