ラグビー元ニュージーランド(NZ)代表のバックス、ベン・スミス(34)とSOアーロン・クルーデン(31)が、トップリーグ(TL)の神戸製鋼に加入することが30日、関係者への取材で分かった。ともにワールドカップ(W杯)の優勝経験を持つ。

 スミスはW杯2大会連続出場。2015年イングランド大会は史上初の連覇に導き、代表引退を表明した19年日本大会は84キャップ目となった3位決定戦で2トライを奪い、有終を飾った。鋭いステップは健在で、W杯後はフランスでプレーした。

 クルーデンは代表通算50キャップで、自国開催の11年W杯の優勝に貢献した。昨季まで神戸製鋼に所属した...    
<記事全文を読む>